住み家をコツコツ大きくしていく ~ヤドカリ投資法とは~

ヤドカリ投資法とはまず将来、不動産投資物件として運用出来そうな比較的安い物件を住宅ローンを利用して購入し自分で住みます。家庭を持っていれば最低でも40㎡~50㎡は欲しいですが、一人で住むならワンルームマンションでも良いでしょう。
※そう考えると、今は独身の若者には向いているかもしれません!
その後、本業の収入などで可能な限りローンの繰り上げ返済して借入金を減らします。また同時に次の物件を探し始めるのも良いでしょう。その場合、次に住む家は現状の物件より少し大きめの家にします。

次に、2件目の購入と同時に最初に購入した現在住んでいる物件を賃貸に出します。今度は物件の購入金額も高くなっていますが、お給料も少しは上がっているはずです。上がっていて欲しい…また、それに加え賃貸に出した1件目の家賃収入と合わせて大分楽にローンを返済出来るはずです。資産が出来た事もあり銀行などの融資も受けやすいそうです。
より良い物件を購入する事でモチベーションも向上しますよね。

この方法を繰り返して自分の住まいのグレードを上げつつ、物件(資産)を少しずつ増やしていく事をヤドカリ投資法と言うそうです。
※正式な名前では無いようです。
ここまで見てみるととてもワクワクする話しですが、やはり不動産投資の基本は安定した運用収入を得続ける事です。自分の居住用としても基本の観点は同じだと思います。まぁ自分が住む訳ですから可能な範囲で自分の好みも取り入れたいですけどね。
なので余り凝った部屋にする事は禁物ですが、自分が取り入れたい機能を取り入れるのも有りかもしれませんね。万人にとって便利な機能であれば賃貸に出す時にオプション費用として少し高めの家賃収入に繋がる事もあるかもしれませんしね。
逆にリノベーションなどし過ぎて余りにも個性的な部屋にしてしまっては入居者を探す時に苦労するはずです。。。

個人的に大きなメリットだと思うのは数年単位で複数の物件を所有する事で転勤に伴う引越しや家族構成の変化に強い事だと思います。所有物件を上手く不動産投資に回す事が出来れば、賃貸間隔(それは言い過ぎ?)で物件購入も有りかもしれません。くどいようですが不動産投資として運用出来る事が大前提ですけどね☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告