老朽化の中でもかなり怖い ~液状化現象とは~

液状化とは地震などの強い揺れや大雨などにより地盤内で砂と砂のすき間の水分を押し出されバランスが崩れてしまう事です。その結果、建物などが埋もれたり傾いたりし、その反動で下水管やマンホールなどが逆に浮き上がってくる場合もあります。また、建物自体に問題が無くても、ガス・水道等のインフラ設備に影響が出る事があります。
東日本大震災では震源から離れた東京湾周辺の地域でも液状化が発生し、場合によっては裁判で販売業者の責任を問うと言う事もあるそうです。

基本的には不動産会社は液状化が懸念される土地に物件を建てる事は少ないですが、土地の購入後も地盤調査を行い必要に応じて地盤改良を検討する場合もあります。
※液状化のリスクを踏まえても立地としてのメリットがあれば建てれらる事もあるそうです。

ちなみに余談ですが高層マンションなどの場合、鉄筋の杭を地面のより深いところまで打ち込んでいるため、液状化したとしても戸建の住宅に比べ建物自体が崩壊する心配は少ないそうです。

比較的可能性は低いですが、不動産投資をする上でもリスクの一つと言われる事もあります。
一般的に海岸や河口付近、埋立地、河川の扇状地などで地下水位が浅いところでは液状化現象が起こる可能性が指摘されていまするが、勿論、販売会社としても慎重な調査を行っています。また、各自治体ごとに液状化のハザードマップが作成・公開されているところもあるので一度確認してみるのも有効です。
※ですが、過去には自治体のハザードマップでは危険度が低いとされている場所でも大きな被害を受けている例もあるので、あくまで参考レベルと考えても良いかもしれません。

建築基準法などにも液状化の対策は規定されていますが、万が一、液状化の恐れのある土地の上にある物件を購入してしまった場合、そこから対策をとる事はかなり困難です。たまにインターネットやニュースなどでも写真が掲載されていますが本当に悲惨な状況もありますよ。

個人で物件購入を検討する場合、中々詳細な調査を行う(依頼する)事は難しいかもしれませんが、せめて物件のパンフレットなどには一通り目を通してどのような地盤対策がされているかは確認してて損は無いはずです。
勿論、地震保険なども有効ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告