開業届を出し忘れていました

開業届けを出し忘れてました

不動産経営に問わず、事業を開始する際は開業届を提出することでさまざまなメリットがあります。必ず提出する必要は無いため厳密には出しても出さなくても良いのですが、確定申告を青色申告で行う(青色申告承認申請書を提出する)のであれば併せて開業届を提出する必要があります。
それを忘れていましたため、慌てて提出しました。とても間抜けな話です。

そもそも何故忘れるのか…

不動産事業を開始したのはもう3年程前のことですが、今年(来年提出分)から確定申告を青色申告にしようと思い青色申告承認申請書を提出しました。
当時は青色申告で確定申告するつもりは無かったため開業届を提出する必要も無かったのです。(そしてそのまま忘れていました…)
と言うより正直なところ事業規模に満たないレベルでも青色申告が適応されることを知りませんでした。勿体ない話ですね。
その後、去年初めて10万円控除であれば事業規模に満たない場合でも青色申告が可能であることを知ったため青色申告承認申請書を提出しました。

開業届の提出が洩れていることを気付いたのは税務署の方に指摘して頂いたからです。
青色申告承認申請書を提出した後、確認事項があったため税務署に電話をしたのですが、その際に開業届が提出されていないことを指摘されました。(厳密には「開業届は提出済みですか?」と聞かれました。)
この時、僕の一番気になったところは「平成28年度分を青色申告で確定申告できるか?」でした。青色申告承認申請書は開業した年以外で提出する際は3月15日までに提出する必要があります。※一般的には開業届と青色申告承認申請書を併せて提出することが多いです。
青色申告承認申請書自体は期限無いにちゃんと提出できたのですが、そもそもの開業届はその期限には間に合わなかったからです。

来年は青色申告ができる?

結論としては「大丈夫そうな雰囲気(?)」でした。
僕の「いつまでに開業届を提出すれば大丈夫ですか?」と言う問いかけに対して「とりあえずなるべく早めに提出して下さいね。」って感じでした。
はっきりした回答は頂けませんでしたが、後日、再度確認してみようと思います。

結果、かなりややこしいことをして税務署の方を混乱させてしまいました。こんな(確定申告の)忙しい時期にご迷惑をお掛けしてしまいました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告