「節約」と「資産運用」で少しずつ不労所得を得る具体的な方法

不労所得と言う言葉を聞くだけでも嫌悪感を持つ人は沢山いると思います。
僕も不労所得なんてお金持ちだけの少し良くないイメージがあり出来れば避けたいキーワードでした。

ゆとりある生活と送るために必要なお金

ただ最近「年金対策」と言う言葉を聞く事は多いですね。それだけ年金に説得力が無くなってきているってことですね。

良く言われる話ですが、老後にゆとりある生活を送るためには夫婦でおよそ38万円程のお金が必要になります。その一方で(現役時代の収入にもよりますが)老後に夫婦で貰える厚生年金支の給額は24万円前後が平均です。

勿論、この先も若い世代程支給額は減少してしまうでしょうし、それを細かく計算しても余り意味を持たないです。

ただ現時点でも少なくとも分かっていることは多少ゆとりを持った老後生活を送るには、やっぱり少なくとも10万円以上の収入が別に必要だと言うことが分かります。

そんな事言われても月々10万円を余分に確保する事は難しいですよね。

将来の蓄えは必要なんだけど…

将来に備えてどうすれば良いかですが、まず最初に思い付くのは若い頃からコツコツ貯めてきた貯蓄ですが、当然貯蓄は使えば無くなってしまうもの。

また、現役時代と比べ、老後になると「使えるお金」と「使えないお金」があります。
この「使えないお金」には将来の健康維持や体調を崩した時の医療費や人生最後の時間でもあるお葬式など残しておかなくてはいけないお金があります。多くの場合、人は一文無しで死ぬ事は無いのです。出来れば子供や孫に対して少しくらいは蓄えを残してあげたいですよね。

そう考えると方法はいくつもありますが、何か少しでも老後の支えになる収入源を若いうちから頭の片隅に置いていても良いかもしれませんね。

ただ普通にコツコツお金を貯めるのお大変ですし、何より楽しくないです。

なので節約と貯蓄の両方に対して、現実的にできそうなことを考えてみました。簡単なポイントはこんな感じです。

  1. 資産運用初心者でもできる
  2. 比較的リスクが少ない
  3. 一発逆転では無く現実的な方法
  4. 長期的に安定するようにコツコツ進める
  5. 基本的には誰でもできる(はず)

生活水準を変えずに節約する方法

無理をせずに節約する方法を考えてみます。節約のポイントは月々の支払いを抑えることです。食べ物や買い物を我慢すると一回一回にとても大きな労力(負担)が掛かってしまいます。ただ少しだけ仕組みを作ってしまえば、それ程無理をせずにランニングコストを下げられそうです。そしてランニングコストを下げることはその効果が長期間続くため節約できる金額も大きくなります。

格安SIMフリー(格安携帯)

とてもありきたりな方法ですが、依然として普及率は低いです。今まで長年、キャリアの料金体系に慣れていたため一歩踏み込むのが難しいのかもしれませんが、判断基準は長時間電話するかどうかだけで十分だと思います。

勿論、通信会社によって様々違いはありますが、大切なことは「自分に合った一番良いキャリアを選ぶ」のでは無く「格安SIMフリーにして通信コストを下げる」ことです。より良い条件なんてその次にでも考えれば良いと思います。無責任ですがそれなりに大手の会社だったら大丈夫ですよ。

ちなみに僕も沢山ありすぎて選びきれませんでしたが、最初は少し不安だったので実店舗があり直接対応頂けると言う理由でマイネオを選ぶことにしました。

携帯電話を今までのキャリアのものから格安携帯に変えるだけで、少なくとも月々5,000円程は節約できそうなので、年間で最低60,000万円程です。

ふるさと納税

こちらは少しだけ普及してきている感じですね。ふるさと納税は任意の地域に寄付をすることで、その寄付金の金額に応じて所得税や住民税が返ってくる制度です。

自分のその年の収入が基準となるので、寄付できる金額に上限があります。それを超えてしまうとその分は返ってこないので、まずはざっくりで構わないので自分の収入で控除される上限金額を把握することが大切です。

ふるさと納税はお金が手元に残る訳ではありませんが、寄付のお礼の品としてお肉や果物などの特産物を頂けますますので、その分の食費がそのまま浮くはずなのでこれも結果的に家計の節約に繋がります。

送られてくる特産物の相場は地域によって様々ですが、お得なものなら寄付金の金額に対して約半分程の特産物が送られてくることもあります。10,000円分寄付をすると5,000円分のお礼を頂けるような感じですね。もし年間で100,000円分のふるさと納税を行うと多ければ50,000円程のお礼が貰えるので、少し強引な解釈ですが…50,000万円の節約になります。

もはや知らないと損!ふるさと納税の魅力とは?
ふるさと納税とは地方間格差や過疎などによる税収の減少に悩む自治体に対しての格差是正を推進するための新構想として、2008年、第1次安倍政権の...
ふるさと納税で所得税と住民税が控除される仕組みを知ろう
ふるさと納税を利用すると寄付した金額のうち2,000円を超える部分について所得税と住民税が還付・控除されます。 ただし年間で納税する全...

株式優待のタダ取り

知る人ぞ知る裏技、クロス取り引きです。裏技と言っても全然反則技(法律違反)ではありませんよ。株主優待のタダ取りやクロス取引きで検索すると普通に証券会社のホームページでも手順が確認できます。

クロス取り引きを簡単に説明すると「権利確定日の営業時間前に株式の売り注文と買い注文を同時に行うことで株価変動のリスクを負わずタダで株主優待を手に入れる」方法です。

この説明で聞き慣れない言葉が2つあると思います。「権利確定日」と「売り注文」ですね。

そもそも株式優待とは権利確定日と言う株式ごとに決められた日に株式を保有していることで株主に対して支払われるお礼のようなイメージです。なので逆に言うと一瞬であろうと、その権利確定日にだけ株式を保有していれば株式優待をもらえる権利が発生する訳です。

注意点としては以下のようなことが挙げられます。

  • 信用取引用の口座を作る必要がある
  • 信用取引に必要な資金を証券会社の口座にある程度準備する必要がある
  • 制度信用取引の場合に逆日歩が発生することがある

株主優待の権利確定日は企業時期の決算の関係で3月末や9月末が多いですが、それ以外の月の場合もあるので一度マスターしてしまうと毎月チャレンジできます。

格安携帯やふるさと納税に比べると注意点が多かったりルールが複雑なので少しオススメ度は下がりますが、株主優待には商品券やQUOカードなどが貰えることも多いため節約効果は大きいです。

節約したお金を運用に回す

人それぞれ事情があると思うので出来ることと出来ないことがあると思いますが「格安SIMフリー」と「ふるさと納税」と「株式優待のタダ取り」で少しだけ節約できたと思います。

次はこの資金を元に(できればもう少しだけ資金をプラスして)お金を貯めることを考えたいと思います。

個人確定拠出年金iDeCo(イデコ)

国民年金や厚生年金の不安を個人型の確定拠出年金で補う方法です。

個人型確定拠出年金とは加入者が毎月決まった金額を積み立て(拠出)し、将来(60歳以降)に年金として受け取る制度です。以下のような嬉しいポイントがあります。

  • 積立金は全額所得税控除の対象になるため課税されない
  • 少額(月々5,000円以上、1,000円単位)から積み立てできる
  • 2017年からは基本的に誰でも加入できる

ただし「老後(60歳)になるまで積立金を引き下ろせない」ことと「積立金額が減ってしまう可能性もある」ことは要注意ポイントです。
※個人型に関わらず確定拠出年金は元本保証ではありません。

今のところ積立金の上限はかなり低いですが、今後も改正される可能性もあるのでこんな制度があることだけでも知っていると選択肢の一つとなります。

積立投資信託

投資信託は株式投資やFXと違い積み立てることにより「複利効果」が最大の武器です。また少額の出資金から始められることや自動積立制度を利用することで最初に手続きをすると後はほったらかしでも運用できるため手間も掛かりません。

勿論、こちらも元本割れのリスクがありますが銘柄(株式か債権か不動産かなど)でも地域(国内か海外か)でも分散できるため、コツコツと長期間掛けて積み立てれば大きな資産になります。

また投資であるため運用益(配当所得)に対して所得税が課税してしまいますが、投資額を自分でコントロールできることからNISA(少額投資非課税制度)との相性がとても良く上手く組み合わせればさらに効果は大きくなります。

時間と金利を見方につければ専門知識が少なくても資産運用ができます
30代~40代くらいの若い世代の方にとって、資産運用における最大の武器は「時間」と良く言われます。そして僕もそう強く思います。 貯金や投資...

「頑張ってお金を貯める」を卒業する

株式投資で資産を2倍にするなど夢のような話は本当の投資家でも無い限り中々難しいですし、それにそれは彼らの投資家としての能力なので、簡単に素人の僕たちがそれを真似することはできません。

だからと言って「外食を減らす」ことや「欲しい服を諦める」ようなことは一見立派なことですが、こちらも全ての人ができる訳ではなく、また度が過ぎれば本当の幸せとはかけ離れてしまいます。

今は昔と違い気合いと根性で仕事をする時代ではありませんし、それは資産運用にも同じことが言えます。大儲けするためには高い専門知識(または人を騙すようなグレーな方法)が必要ですが、「少しの知識で少しの成果」であれば費用対効果は悪くありません。

他にももっと良い方法が沢山ありますが、経済を読み解くことが得意の人もいれば税金の仕組みについて興味のある人もいるはずなので、自分にあったやり方ででまた自分のリスクの許容範囲で少しずつ取り入れていければ自然に生活の一部となって少しだけ良い暮らしができると思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告