「買ってはいけないマンション」に対する違和感…

最近、新築マンションの販売価格がびっくりする程値上がりしています。
全国規模で見ても不動産ブームでマンション価格が高騰したバブル期の記録を塗り替えています。

東京など物件価格が異常に上昇している地域もありますし、幅はあるにせよほぼ全国で地域で物件価格は上がってしまっています。さらに、最近は不動産業界のプロの方が「新築は買わない方が良い!」と言う内容の記事や本を良く見かけます。

それでは新築マンション購入した人全てが不幸になっているのか…勿論、そんなはずないです。僕なりに専門家の方が言いたいことは「割高な物件は買うな!」、「無謀な高額ローンは組むな!」ってことなんだとと解釈しています。

中古マンション最大のメリットはやっぱり価格

新築マンションを選ぶ理由は当然ですが「新築の方が気持ち良い」と言う気分的な問題です。そりゃろーですよね。続いて「リフォーム・修繕費用の負担」、「品質や耐震技術」などが上位です。
一方、中古マンションを選んだ理由として最も多いのは「購入費用を抑えられる」ことです。

確かに新築マンションにはかなり割高感があるかもしれません。不動産業者がかなり高めの利益を積んで販売しているのも事実だし、営業活動費や広告費を負担するのも勿論、新築マンション購入者です。
その上、モデルルーム来店時のプレゼント(景品や商品券など)まで新築マンション購入者が負担するのはどう考えてもバカバカしいと考えるのはとても理解出来ます。その上、購入後の10年~20年程で値段が極端に値下がりすると聞かされればとても勿体ない気持ちになります。

マンション価格の高騰と割安マンションの見極め方
ここ最近、新築マンションの販売価格の推移が上がり続けています。 主な理由は「東日本大震災の復興需要」と「東京オリンピックの開催決定」に伴う...

ですが、余り過剰に「新築」、「中古」と言うキーワードを考慮し過ぎるのも少し考えものです。
勿論、築10年~20年を超えるとかなり築古の方が安くなりますが、築10年以下の中古マンションよりも現在販売中の新築マンションの方が平均価格が安いエリアもあります。しかも阪急梅田や三ノ宮近辺など関西を代表するような都心部でですよ。
こう考えると、少し極端ですが「梅田や三ノ宮であれば無駄に築浅物件を買わずに新築物件を買うべき」と考えることもできます。

ちなみに…少しだけこの逆転現象を僕なりに想像すると、梅田や三ノ宮はここ10年程で超高層高級タワーマンションが沢山建てられていて、その売れ残りが平均価格を押し上げる要因になっていると思います。予想ですが…

立地が良い新築も沢山ある

また一般的には新築マンションは既に建てられている中古マンションに比べ立地が悪いと言われます。
当然のことながら新築マンションは現在建物が建っていない(余っている)土地に建てられますよね。土地なんて早いモノ勝ちなのだから人気のエリアは既にマンションが建てられているからです。
でも関西圏だけでも毎年のようにどこかのエリアで再開発が行われていて主に工場跡地など駅直結とも言えるような場所にマンションが建築されています。今年だったら阪急神崎川駅前やJR塚口駅前で大規模な再開発が行われています。
なのでそう考えるといつの時代でも「中古に負けない立地」のマンションは建築可能な訳です。
※人によって住みたいエリア(最寄り駅)はそれぞれなので一方的には言えませんが。


それでも新築マンションは買わない方が良いか?

新築の場合は住宅ローン減税の恩恵も中古物件以上に受けれますし、耐震性能も当然の事ながら新しい物件の方が高いです。耐震技術()は日々進化しています。損得勘定も含めて個人の価値観ですね。

一般論や平均値は物事を判断する時にとても大きな参考基準になりますが、自分が欲しいタイミングで自分が欲しい物件を無理無く購入することができれば後悔することは無いように思います。
マンションのような高額商品を購入するってことは資産を持つ訳なので本人の気持ちに関わらず広い意味での投資だと言えるかもしれません。ですが、投資目的用の用物件ならともかく、自分たち家族が住むマンションに対して「絶対に買ってはいけないマンション」と言い切ってしまうのはやっぱり少し違和感があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告