投資家をするなら是非ともブログは書いて欲しい理由

僕がこのブログを始めて数ヶ月になります。

ちょうど不動産投資を始めた頃に合わせて始めました。

投資に関してはほとんど素人の僕が今までブログを書いていて良かったことやこれから意識したいことを簡単に纏めてみました。

自分の備忘録になる

自分が学んだ内容をことをしっかり控えることができます。

内容を控えるだけならノートでも良いのですが、細かなデータや参考になったサイトのURLなどを管理しておくためにはパソコンの方が良いです。

メモや手帳も合わせて活用しますが、せっかくなら学んだ内容を発信すればより精度は高くなるように意識するようになります。

客観的に知識を証明できる

僕は投資家としてはほとんど資産(物件)を保有していません。

なので少しでも役に立つ情報を掲載することで価値につながるよう心掛けています。

ブログ以外の媒体でも情報発信できる

僕はほとんど実績はありませんが今までに以下のようなコンテンツで情報を発信させて頂いけるようになりました。

不労所得に繋がることも

急に非現実的な話になったと感じられるかも知れませんが、ブログに価値が付けばそこから収入を得ることができます。

オリジナリティがあれば読者がついてくる

不動産経営をしつつブログの掲載を続けていられる偉大な大家は一定数いますが、大家としての取り組みは人それぞれになるため、自分の取り組みを発信するだけでも(特に何か対策をしなくても)十分なオリジナリティが確保できると思います。

ある程度、コンテンツが貯まれば随時更新する必要は無くなるのでそうなれば不労所得にも繋がります。

結果が出るまでには時間がかかるため不労所得のためにブログを始めるのは正直採算が合わないと思いますが、価値のあるブログを作り上げた副産物としてちょっとした不労所得に繋がるようなイメージです。

ITの知識は少しだけあれば良い

ブログを掲載するのにそれ程高いITの知識は必要ありません。

SEO対策など、自分のブログが少しでも人気を得られるような技術もありますが、質が高くオリジナリティのあるコンテンツを作成することがでいれば下手な小細工はしなくても必要ありませんし、現にそれ程高いIT知識を活用しなくても人気のあるブログを掲載し続ける大家はたくさんいます。

ブログの世界はITの知識が無いと参入できないような不公平な世界ではありません。

時には批判を受けることも…

ブログを書いていると時に直接批判を受けることもあります。

見当違いな批判もありますし、有識者から「その投資手法はおかしい」「そんな誤った情報をインターネットで垂れ流さないでくれ」などと言われることもありますし、直接的ではありませんが掲載したブログの内容をそのまま批判するような記事を書かれたこともあります。

もちろん、その多くは心が折れてしまいますが、その批判から得られることや改善ポイントが見つかることもありました。

また僕の掲載したブログの内容に関して批判する記事を書かれることは僕にとって特に得られることは大きいです。

数百文字〜数千文字掛けて論理的に批判(指摘)してくれている訳なのでとても勉強になる内容です。

楽しんで続けることが一番

備忘録としてブログを始めたことは勉強する目的意識があった上で始めたことですが、それ以外の内容については結果的にそうなっていったイメージです。

不動産経営にしてもブログの掲載にしても、まだ何一つ誇れるような実績はありませんが、これからも楽しみながら続けられたら良いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告