中古物件の流通革命を起こす!「おうちダイレクト」のサービス概要

おうちダイレクトとは

「おうちダイレクト」とは「Yahoo!JAPAN」と「ソニー不動産」が提供する新しい不動産売買プラットフォームで、不動産業界内で今とても大きな話題の一つです。


ouchi_01

簡単な概要としてはマンションの所有者が「おうちダイレクト(ヤフー不動産のサイト上)」に売出価格と間取りや築年数などの物件情報を掲載します。売出価格は売り主が自由に設定できますが、その際にはシステム推定価格(ソニーの「不動産価格推定エンジン」と呼ばれる技術を使用)を参照する事ができます。

この値段をもとにある程度妥当性のある価格設定ができるんですね。ちなみにこの推定価格については売り主側だけでは無く、購入希望者も確認する事ができます。

価格設定なども含め自分でいろいろ進める事が不安に思うかもしれませんが、「売却エージェント」と呼ばれるサービスもあり、手数料は掛かるものの売却について手厚くフォローしてくれる仕組みもあるそうです!

一方、購入希望者としては希望の物件が見つかれば「買いたいリクエスト」は発信する事で、売り主に購入の意思表示ができます。さらに該当サイト上では購入希望者から売り主について気になる事の質問も行えます。もし物件見学を行いたい場合は仲介業者(ソニー不動産の担当者)が同行してくれます。

従来の不動産取引では売り主と買い主の双方から仲介手数料を取得していましたが、おうちダイレクトでは買い主から成約価格の3%+6万円の手数料が発生しますが、売り主に対しては手数料は不要となる。通常、数十万円程(またはそれ以上)の仲介手数料が不要になるのはやっぱり嬉しいですね。

ちなみにサービスの利用には「Yahoo! JAPAN ID」(ログイン)が必要になるため予め取得しなければいけませんが、実際の取引部分についてはソニー不動産が仲介するため心配はありません。

ouchi_02

既存の不動産業界からの反感と脅威

だた既存の不動産業者からしては担当の業務領域を奪われる事になります。
中立性を欠くとの観点から「囲い込み」などとの指摘もあり、先日(12月10日)からは大手不動産業界団体「不動産流通経営協会(FRK)」によるヤフーへの情報提供の取り止めとなっており、現にヤフー不動産の物件掲載数は激減しているとの事です。

確かにシステムの性質上ヤフーとソニー不動産間でのサービスであるため、他の業者が参入できないと言う点では「独占」にはなります。ですが、不動産業界にて一般的に言われる「囲い込み」は不動産仲介業者が両手取引のために物件情報を外部に出さずに握りつぶす(隠ぺいする)宅建業法違反であり、最大の被害者は売却希望者です。なのでそう考えると従来の「囲い込み」とは本質的には異なりそうですね。

他にも利用規約に対する指摘もあります。
ソニー不動産と媒介契約を結び、その他の業者とは契約はできないのですが、「一般媒介契約」であるにも関わらずに売却希望物件を登録した場合はレインズも含め、その他の業者との売却活動が行えない点が挙げられています。

大手不動産でも不正行為続出!物件囲い込みによる売主側への影響とは
不動産投資にて最終的な投資の成果を確定するのは投資物件の売却後です。購入価格と同じように売却価格も投資の成果に大きな影響を与えます。 また...
不動産取引に関する3種類の媒介契約
不動産物件の売買を進める上で、物件所有者(売主)が自分で買主を探すことはなかなか難しいため、通常は仲介業者が間に入ります。このように仲介業者...

一見、消費者目線からすれば事実上の「専任媒介契約」のようにも取れますが、専任媒介契約として締結すると「一般媒介契約」と比べて、必要となる処理や手続き(要するにコスト)が増えてしまい、返って消費者の不利益になってしまいます。
ただ、あおくまでも「消費者の選択肢を増やしたい」と言う事であり、どのサービスを選ぶかは利用者の自由なので、制度上問題無いように思います。

今後(と言うか今でも既に)、不動産業界にITの要素が取り入れられ、既存の業者を脅かしていく事については目に見えている訳なので、その過程の一部なんだろうなぁと業界会関係者では無い僕は漠然と思います。当然、さまざまな賛否はありますが、僕個人的には一定の納得感があったりします。

コンテンツが充実していて高級物件が中心

サービスが開始したばかりで掲載料はそれ程多くありませんがサイト内のコンテンツは充実しています。
要所ごとに所有者の方のコメント(オーナーレポート)が記載されていますが、購入時のエピソードや自慢できる点や近隣情報などとても良質な情報が多い気がします。写真もとても見やすく家具付きのモノも多く実際にその部屋に住むことをイメージしやすく嬉しい限りです。(一部物件によっては全然充実していないページもあったりしますが…)僕が一通り物件ページを見てみたところ、まだ(画像では無く)動画が埋め込まれているページは無かったものの、これだけコンテンツ量に力を入れている事からすると、近い将来には動画や他にも貴重な情報が掲載されるかもしれませんね。

今なら(年内まで)、新サービス開始記念キャンペーンとして物件ページの制作やお掃除代行サービスも付いて来ます。今はまだ関東が中心ですが関西の物件情報も取り入れて欲しいですね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告