相続税還付で払い過ぎた税金が返ってくる!

相続税還付とは既に申請した相続税について、後々払い過ぎ(の可能性がある)と分かった場合、申告期限後から5年以内であれば、その分を過大納税として還付請求できる仕組です。

土地の評価は難しい…

遺産相続の資産対象となるのは現金や株式証券など様々ですが、最も大きな割合を占めるのは土地かもしれません。 現金や株式証券の場合は評価方法は比較的単純なため、算出方法を大きく誤る可能性はありませんが、土地については個別性も高く条件も複雑に絡み合います。

少し大袈裟に言うと、そもそも土地は地球上に一つとして同じものは無い訳です。僅かな違いでも評価額が変わってしまう事もありますし、建築基準法などの法律や条例などさまざまなルールが関係します。なので、これを一つでも知らない(または見落とす)と損する可能性がある訳ですよね。

さらににその土地に家を建てて自分で住んでいるのか、または賃貸住宅として使用しているのかによっても評価方法は変わります。賃貸の場合は土地の評価額を大きく下げる事ができますからね。

その相続対策は本当に必要か?自分に合った無理の無い節税法
今年、平成27年1月1日より相続税が増税されました。またそれ以上に注目を集めているのは基礎控除額の縮小で去年までと比べて大きく削減されていま...
不動産購入で期待できる相続税対策とは?
不動産投資の利点の一つとして相続税対策が挙げられるのは比較的有名な話です。 相続税は意外と資金的負担が大きくなる事があるので、一定以上の資...

また相続権が発生してから10ヵ月の間での手続きが必要となるため、中々精度の高い評価が難しい事もあります。10ヵ月と聞いて「それ程短くない」と感じるかもしれませんが、親しい親族や大切な身内が無くなるといろいろと手続きや書類を作成したり思っているよりバタバタするものです。勿論、精神的なショックを和らげるにもある程度時間が必要ですよね。
ちなみに税務署は過少申告の可能性がある場合は再調査の後、修正申告を指導しますが、過大申告の場合は教えてくれません。国とはそんなもんです。

そう考えると1回の申告で「ベストな申告をした!」と胸を張って言える人も少ないかもしれませんね。
「払い過ぎ」と聞くと申請内容に不備や見落としがあった場合なので、自分には余り関係無いと考えるかもしれませんが、相続税の還付の場合、規模によっては納税額の20%~30%が戻ってくる事も珍しく無いので、もし機会があれば積極的に見直しを検討しても良いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告