コマニーの電池式オートロック錠で閉め忘れの心配解消!

先日、参加させて頂きました賃貸経営+相続対策フェスタのブースにてコマニーのオートロック錠製品『セリュール』を見せて頂きました。鍵を必要としないオートロック錠でとても手軽で便利そうですよ!

取付けに関しては引き戸などの一部物理的に設置できないモノもありますが、玄関ドアとして採用されているような扉ならほとんどのモノに取り付け可能で、設置時間も1時間程です。乾電池による電源供給なため、停電などの影響も受けないですし、電池の残量が減るとアラームで知らせてくれます。

オートロックの解除方法はテンキーによる暗証番号解錠、カードキーによるタッチ解錠、また非常時にはシリンダーキー(一般的な鍵)で扉を開ける事ができる他、接触部に当てるだけで解錠できるIC半導体キーやFOBキーと呼ばれる電波を送受信する鍵を携帯する事でドアに(1m以内に)近づくだけで自動的に解錠できる製品もあります。FOBキーによる電波のやりとりについては、常時双方向での通信が必要となるため、やや電池の減りは早いようですが、バッグやポケットに入れておくだけで解錠できるためとても便利ですね。


cerrure
利便性だけではなく、セキュリティ面でも優れていて、ドアを閉めた後は約1.5秒後に自動的に鍵がロックされるため、基本的には鍵の閉め忘れの心配はありません。

またドアを無理にこじ開けようとした場合は警報音が鳴りますし、暗証番号を複数回(3回)誤って入力した場合は、一定時間、認証情報の受付を停止するため、空き巣対策としても十分な機能が備わっています。

暗証番号さえ知っていれば鍵を開けれてしまうって、かなり便利だと思います。一人暮らしの場合は余り意識しないかもしれませんが、家族や知人間で合鍵の作製や受渡しをする必要が無いのは嬉しい事です。

トラブルなどの緊急時にも24時間365日対応での電話サポートが備わっていますし、取り付け後一年間までは無料修理補償が付いています。

今ではIT技術で鍵の開け閉め情報を記録したり、状況に応じて管理者にメールを通知するようなサービスもありますが、これはとても手軽な製品で、例え後付けでも初期投資を抑えられます。

自宅に設置するのも良いですし、区分マンションなどの所有物件に取り付ける事で、周りとの差別化が図れて面白いかも
しれませんね。
ちなみに現在、ホームページで公開されているモノでは値段は5万円~8万円程です。正直、安くは無いけど手軽なのでかなり面白い製品だと思いました。

住宅の利便性やセキュリティ対策については、特にここ数年、次々と新しいアイデアが生まれとても便利な機能があります。特に僕は外出する際、鍵の閉め忘れた心配になり、何度も確認してしまうので、閉め忘れ、消し忘れなどのこう言う不始末をカバーしてくれるような製品はどんどん出てきて欲しいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告