ボーナスで家が買える時代が来るかもしれない?

単身者の方、ファミリー層の方問わず、賃貸するか購入するかどちらがお得かはいつの時代も比較されます。もし購入を検討する場合、前提となるのは長期間のローンを組む事です。例えば関西で新築の住宅を建てたりマンションを購入する場合、家族向けであればざっくり見積もっても3,000万前後ですかね。ここ1年程で本当に価格が上昇しているように思います…
だけど、購入価格を抑え長期のローンを組む必要が無ければ、購入派にとっては精神的にも経済的にも嬉しい話です。

まだ全然一般的ではありませんが、少しずつ少額で購入できる家が普及してきています。例えば、自分らしい家づくりを支える「sumika」では小屋などを中心とした小規模な家づくりを提案しています。6畳一間程のスペースで200万円~300万円程の低価格で建設が可能です。余りにも値段が安すぎると信頼性に掛けるかもしれませんが、タマホームのような有名企業も参入しており、メディアなどでも沢山取り上げられてます。


tama
また、住宅情報サイトの「SUUMO」でもスモールハウスとして沢山物件が紹介されていて、こちらは小屋よりもう少し大きめでシャワーやトイレ、キッチンもしっかり備え付けられているものも多いです。現場で建築を進めると言う常識を破り、工場にて一括生産する事で人件費などを抑え低コストを可能としています。


suumo

他にも「価格.com」では沢山のコテージやログハウスを見つける事ができます。こちらは100万円を下回るモノも多く、主にヨーロッパなどから直輸入しています。内装の写真もかなり充実しているので、ちょっと覗いてみるだけでも楽しいですよ♪


kakaku
海外ではさらに驚く事に1万円を切るモノもあります。建築デザインオフィス「i-Beam Designs」の家は、その価格、なんと9,000円です!もやは家賃より高いとか安いとかのレベルを超えています(笑)
マニュアル通り組み立てるだけで1日で家が組み立てられるそうですよ!作ってみたいです。


9000
このような低価格でのスモールハウスが造られた背景としては、大規模震災の影響が大きいそうです。もともとは自然災害で家屋が倒壊した時などに使用する目的で造られたケースが多いです。いわゆる仮設住宅のような位置付けですね。

その他の活用法としては別荘など、少しリッチな使い方をされる方もいますが、通常の住宅用として活用している方も増えてくると思います。

耐久性やセキュリティなど現段階では突っ込みどころは沢山ありますし、法律(建築基準法など)や環境面など、考慮しないといけない課題は山積みです。

そもそも、このような暮らし方に違和感を持つ方もいると思います。だけど現時点でこのような暮らし方が良いか悪いかはともかくとして、今後は必要最低限のモノに囲まれて、高額な住宅ローンに縛られず、もっとゆとりある暮らすを目指すと言う考え方は必ず増えていくと思います。僕だってたまには高級マンションに憧れる事もありますが、個人的にこのような動きが進む事は素敵だと思いますよ!

土地代の高い都心で取り入れていくのは中々難しいかもしれませんが、比較的土地の安い地方などでは少しずつ普及が見込まれるような気がしますし、こうした取り組みがキッカケとなり地域活性化に繋がって行くようにも思います。少し無責任かな。。。
ただ、今後の動きとして、もしこのようなスモールハウスが普及するような事があれば、従来の常識が通じなくなりますよね。少なくとも、築古だからと言って「値段だけ」で勝負する事は難しいく、何か付加価値が求められます。

賃貸経営を行う上では、人口減少に伴う空室問題がより一層心配されますが、こうした新しい取組が進められると人口減少以上の脅威になるのでは…とも考えてしまいますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告