今年からNISA始まりましたね!

NISA(少額投資非課税制度)が今年1月から開始され、現時点で口座開設数はおよそ500万件前後で好スタートしたと言われています。

株式・投資信託などの新規購入分の所得税を5年間非課税にする制度で、導入のきっかけは投資への関心を高める事で家庭の金融資産(貯蓄)を企業(資金供給)へ導こうという狙いです。
※2014年1月よりNISAを利用しない場合、運用利益の20%が課税対象とされます。

開設できる口座は一人につき一口座で年間の100万円までの投資額が非課税の対象です。なので複数の金融機関で口座を開設する事は出来ません。また非課税枠の未使用分を翌年へ繰り越し、売却した非課税枠の再利用する事もできず、既に保有している株式・投資信託は対象外となります。

細かな注意点としては、他の口座との損益通算・損失の繰越控除が出来ない事が挙げられてます。ここが一概にNISAが必ずしも得をするとは限らないと言われる理由の一つです。例えば複数の普通口座がある場合、片方で損失があった場合、もう片方の損益と相殺した金額が課税対象となりますが、NISA口座で損失があった場合は、その他の口座と相殺する事は出来ません。
いろいろ複雑そうな制度ですが、僕の意見としては個人投資家にとって、金融機関やメディアが取り上げている程の大きなインパクトは無いような気もします。(金融機関側は顧客の囲い込みに繋がり嬉しいですが…)

金融機関により購入できる商品は異なるので「どこで開設するか」ではなく、「何(どの商品)に使いたいか」を軸にして口座開設を考える方が良いはずです。NISAはあくまで運用利益に対する税金を優遇(非課税)するものなので、あまりNISA中心に考え過ぎるのではなく、それよりも何にいつどれくらい投資するかと言う従来の考え方の方が大切だと思います。
だって運用利益をしっかり作り出さないと税金が非課税になっても意味無いですもんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告