100%の融資で一瞬で大家さん気分!

数年前に少しお問い合わせさせて頂いていましたプレサンスコーポレーションの営業担当の方より久々にご連絡があり、築浅物件をご紹介頂きました。

物件該当としては大阪市東成区の駅徒歩2分の好立地、築5年で販売価格およそ1,000万円のワンルームマンションです。築浅物件は余り手放す方がいないイメージがあったので少し珍しく思いました。さらに金融機関の担保評価が高いため100%の融資が可能(フルローン)との事。一瞬、「頭金無しで買えるんだったら…」なんて思ってしまいそうです。

フルローンとは現在、手持ち資金に余裕が無くても購入手数料やその他の諸経費さえ用意出来れば直ぐに投資用物件が手に入ります。ちなみに諸経費なども含めて融資してくれる場合はオーバーローンと言われます。

金融緩和などの影響により景気が良くなったとは言え「僕なんかにフルローン?」っと思ってしまいます。舞い上がってしまいます。

一般的に金融機関からの融資は担保評価額で足りない部分を個人の属性で補うようなイメージです。なので個人の属性が高い場合はフルローンも珍しくないかもしれません。残念ながら僕の属性は高くないのでフルローンによる物件購入の経験はありません。
金融機関の融資の基準としては、物件販売価の何%かの頭金が必要な場合が多いです。ですが、融資基準や物件の担保評価によっては頭金が不要な場合もありますし、投資用物件を購入する方にはさまざまな背景(属性や所有資産など)があるため、一概に頭金を何%用意するべきかは難しく、「フルローン」自体を否定する事も肯定する事も出来ないと思います。

フルローンの最大の利点は纏まった自己資金を用意する必要が無いため直ぐに投資を開始出来る事です。レバレッジの観点からしても少ない投資額で収益を見込める事は魅力です。

ですが一方、借入金額が高い事は当然リスクな訳であり、それを如何に自分でコントロールする事が出来るかが焦点になるべきです。要は融資額の比率では無く物件の選び方や返済計画など、従来の不動産経営と同じ目線での考え方が必要であり「フルローン」はあくまでも手段の一つだと考えなければいけませんよね。
ただこの「フルローン」と言う響きには、その本質を吹き飛ばしてくれるような脅威(?)を感じます。「銀行が認めている(担保評価高い)のであれば安心!」とさえ思ってしまうかもしれません。またよくよく話を進めていくとやはり自己資金が必要である事も想像出来ます。

今回は検討した結果、立地や価格などの条件面で見送らせて頂く事にしました。が、条件にあえば(自分が良いと思えるのであれば)、フルローンによる融資も一つの戦略として十分検討の価値有りだと思います。インパクトのある言葉ですが、上手く使うと心強い武器になると思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告