ハイリターン?遊休地を活用したコインランドリー経営

先日、家主の会の方から、コインランドリー事業のお話を伺う機会があり、興味があったので少し調べてみました。遊休地の有効活用法として、まず最初に駐車場(月額orコインパーキング)などが挙げられますが、も近隣に競合相手が少なければ、コインランドリーも面白いです。

遊休地を活用するパーキング事業の魅力とは?
今、遊休地の有効活用法としてパーキング事業が注目されています。 何より一番のメリットは投下資本である初期費用が少なくて済むこと。コインパー...

コインランドリーは、生きる上で必要となる「衣・食・住」の中で「衣」を補います。なので、やり方を間違えなければある程度の需要は確保できるはずです。主な利用者層は主婦の方が中心で、最近は夫婦共働きにより専業で家事を行う事が困難で、仕事や育児で忙しい主婦層からのニーズは高まっています。その結果、出店数も増加傾向のようです。

売上は機種の大きさにもよりますが、洗濯機と乾燥機の利用で小型の機種でも500円程、大型の機種になれば1,000円を超える事もあり、後はどれだけ客数を見込めるかによりますが、事前にある程度精度の高いなシュミレーションをしておくべきです。
多くの家庭では高機能な洗濯機はありますが、家庭では洗いづらい毛布やシーツなどを洗濯したい場合はコインランドリーを使う方も意外と多いです。本当に大切だったり高価なモノは信頼性の高いクリーニング店の方が人気かもしれませんが、クリーニングと比較すると「安さ」と「速さ」の面で大きなメリットがあります。

コインランドリーには特に魅力を感じないと言う方も沢山いますが、それでもある程度需要は見込めます。インターネットの掲載(Q&Aなど)を見ていても、一昔前は衛生面などでややネガティブな書込みが多かったですが、ここ最近になっては比較的前向きな意見も増えているような気がします。

コインランドリー経営を成功させるポイントとしては当然の事ながらお客様に利用され稼働率を上げる事です。特に立地面としては「車で行きやすい事」「空き時間を有効活用できる事」の2点が重要です。

自宅の洗濯機ではなく、あえてコインランドリーを利用しに来る方は、洗濯物の量が多いため車で訪れる事が多いですが、近所に駐車スペースが無ければ、重い荷物を抱えて徒歩で移動しなければなりません。

また、洗濯および乾燥には少量の場合でも少なくとも30分~60分程の時間が掛かります。その間、ずっと待ち続けるのはかなりの苦痛なので、近所にスーパーなどがあれば買い物などをし時間を有効活用出来るため喜ばれます。最近では利用者へ洗濯の終了をメールで通知する機能もあるそうですよ!

機械はリースを利用する事で初期費用を抑えることもできます。ですが、土地や建物も含め全て自己所有物であれば人件費などもほとんど必要無いため、月々の返済を意識せずに済み精神的に安心できます。機械の寿命も、しっかりとメンテナンスする事で10年~20年以上稼働する事も珍しくありません。

ただ数坪の敷地でも1,000万円程の初期投資が必要でパーキングなどと比較しても初期投資の額は数倍になってしまうため、「空き地があるからとりあえずコインランドリーを開設しよう」と言う訳にはいきませんね。

遊休地がある場合は想定される複数の選択肢の中からどの事業を選ぶかが重要です。「駐車場で成功する立地」と「コインランドリーで成功する立地」は必ずしも一致しませんからね。

過剰にお金を掛ける必要はありませんが、清潔感のある店内にする事が大切で、夜は明かりをしっかりつけて安心できる室内が望ましいです。防犯面を考慮し、管理カメラの設置したりICカード(IT化)による支払いなどを取り入れたりとコストのかけ方は悩むところかもしれません。

さらにトラブルへの備え(発生時の対応)も重要で、色落ち・縮み・盗難など責任範囲を明確にしないと後で揉め事になります。無人で運営するのであれば、悪質な悪戯についての対策は不可欠で、例えば洗濯機や乾燥機に悪戯された上で、お客様の洗濯物が汚れてしまった場合は、損害賠償請求など問題が大きくなる可能性もあります。勿論、お金の窃盗(コイン荒らし?)も要警戒ですね。

メンテナンスやクレーム対応は少し個人では大変かもしれませんが、最近では事業として店舗の開業をサポートする企業も沢山あります。機械の保障や無人店舗には嬉しい24時間のコールセンターなどもサービスは充実しており、IT化による売上げの把握・分析などもできるそうですよ!

コインランドリーの場合、不動産経営と違い、稼働率が100%と言う事は絶対に無く、基本的には10%程を想定します。爆発的に売上が上がる事は考えにくいですが、経営努力により少しでも稼働率が上がれば、その分、運用利回りに反映されるので不動産やコインパーキングと比較しても、より事業的な要素が高く努力次第で大きく結果が変わりそうですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告