スマートフォンで鍵を意識しない生活へ

スマートフォンが自宅などの鍵変わりになるサービスが話題になっています。
後付型スマートロックロボットの「Akerun(アケルン)」はドアの内側に取り付けることでスマートフォン内にダウンロードしたアプリでドアの解錠・施錠を行えるシステムです。

これまでもこのような便利さを追求する仕組みはありましたが、その多くはマンション建設時にオートロックシステムを入れるなど、非常に大掛かりなものばかりでした。まぁ、それでも十分に素晴らしいサービスですけどね!

だけど、スマートフォンを利用することで、その手軽さのみならず、管理者がスマートフォンのアプリ上で操作するだけで鍵の権限の受渡しおよび取消しができ、ゲストの入退室履歴を確認することや、時間を限定した鍵の発行も可能で、無断での合鍵を複製されるリスクも抑えることができます。

現在は一部の地域での試験運用期間のようですが、今後普及すればとても便利な機能ですね。スマートフォンが鍵の代わりとなり、扉に近づくだけで自動で開錠してくれため、アプリを起動させる必要もありません。その上、自動で閉まるため閉め忘れも防止できます。

セキュリティに関する課題は今後も出てくるかもしれませんが、それでもとても画期的なサービスです。鍵以外にもBluetoothを利用し家電などとも連動できそうですね。(既にあるのかな。)
リモートからON/OFFの切替ができれば外出時の「あれ、エアコンちゃんと消したかな?」と言ったモヤモヤ感も解消できますよね。

また、万が一スマートフォンを落としてしまったとしても容易にリモートで権限の取消しができるのであれば、実際の鍵を落とした時に比べて影響は少なしです。さらに賃貸物件に取入れることで入居者さんの入れ替わりに伴う鍵交換もしなくて済みます。
今後、もっと普及してきて上手くローコストで取り入れることができれば入居者さんにも喜んで頂けますし、何より僕の自宅にも欲しいです!是非普及して欲しいです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告