国税還付金振込通知書が届きました!

先日、税務署より確定申告に伴う還付金振込通知書が届きました。支払われる金額は約50,000円です。固定資産税がギリギリ支払えるくらいかな(笑)。。ちなみに今回が初めての確定申告でした。

確定申告を提出してきました!
今日は確定申告を税務署に提出してきました。不動産所得に伴う白色申告です。今回、税務署へ提出した書類は大きく分けて以下の3種類です。 ...
【実績値公開】去年提出した確定申告書を読み返してみました
前回の収支内訳書に続き、今回は2015年に提出した(2014年度)の確定申告書をもとに内容を振り返ります。 全ての項目を振り返るのはか...

2014年の年間収支ですが、物件の引き渡しが3月末頃だったため実際賃貸料から収益を得られたのは4月頃からとなります。

平成26年分収益周囲内訳書
収入金額
賃貸料 616,140円
必要経費
減価償却費 395,817円
借入金利子 132,114円
租税公課 149,700円
損害保険料 438,204円
管理費・修繕積立費 187,800円
雑費 251,078円
収入金額 - 必要経費
所得金額 △938,573円
損益通算対象外の経費
土地取得ための利子 13,889円

※なお、土地を取得するために要した負債の利子については必要経費には該当しません。

上の表の通り、約600,000円の収入金額から約1,500,000円の必要経費が差し引かれ、差し引きすると約900,000円の経営赤字となります。この金額と会社員としての給与所得とを相殺した結果、約50,000円の税金が還付されました。

個人的な感覚としては「必要経費は減価償却費とその他もろもろ…」くらいに考えていましたが、意外(?)にも一番金額が大きかった経費は損害保険料でした。っとは言っても損害保険料に関しては火災保険などの保険料を初年度にまとめてお支払しているため、翌年以降は経常出来ないです。

減価償却費は税金対策の大切な経費です
物件に限らずモノを購入し長期間使用し続けると少しずつ劣化します。そしてその劣化した部分を経費として考える仕組みを減価償却と呼びます。要するに...
複雑だけど覚えておきたい火災保険の契約内容
先日、火災保険の契約内容が加入先の東京海上日動より送られてきたので改めて内容を確認してみました。保険期間はローンの融資期間と同じ20年分を一...

1年目の確定申告は1Rマンションの場合、基本的に必要経費の方が収益を上回るため、その分納めた税金が返ってきます。ですが、数年後には必要経費として計上できる金額も減り逆に追加で税金を納める事になりますね。。。とりあえず最初の確定申告を無事終えて、僅かながらですが還付金が返ってきたので素直に喜ぶことにします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告