住宅ローン ~ジャックス VS オリックス~

去年、購入を決めた物件の融資が決まりました。融資先はオリックス銀行です。
諸費用を含めて1,400万円の物件購入で、融資に先立ち300万円の貸付金を納めていたのでローン残高は1,100万円です。融資が下りる前の僕の属性としては、入社7年目の会社員で年収は平成25年分で約420万円(支払価格)、その他、既に他の物件のローン残高が1,000万円程残っていました。

ちなみに去年の11月にオリックスで融資を依頼し、一度断られていた話の続きですね(涙)

ローン審査に落ちました…
オリックス銀行の不動産担保ローンに落ちてしまいました。 今年の中旬に1,400万円の物件に対して、300万円ほどの手付金を支払い、1,10...

去年末、僕は不動産販売会社の営業に対して、なるべく早く融資が確定するよう何度もお願いしてましたが、融資会社も僕の「年収」の増加を担保の一つとして確認したかったので、結局、平成26年分の支給金額が確定し、お給料の増加が分かるまで融資は下りませんでした。

年間給与の確定後、まずジャックスで融資が決まりました。だけど僕としては少しでもローン金利が低いオリックスを希望しており、オリックスでの融資の可否が決まるまで、契約を凍結していました。

僕の理解ではジャックスとオリックスの違いは「ジャックスの方が保険が充実しているけどオリックスの方が少し金利が低い」事です。不動産会社に伺ったところ「どちらが良いか」では無く、それぞれに強みがあるとの事。

金利および保障の比較(2015年1月現在)
適用金利 保障範囲
ジャックス 2.412% 8大疾病補償
オリックス 1.975% 第1種身体障害
2.075% 第2種身体障害

勿論、他にも多数違いがありますが僕が一番優先したかったのはやっぱり金利です。オリックスの場合、元の金利に+0.1%で団体信用生命保険(団信)の保障範囲が第2種身体障害まで広がりますが、それでもジャックスの方が手厚いです。
ですが、やっぱり僕は金利の安さを優先しました。僅かな金利の差でも長期間での返済では返済総額はかなりの差が出てきます。例えば1,100万円の借入れに対して返済期間が35年の場合、返済総額が80万円程変わります。

金利および保障の比較
適用金利 返済総額
ジャックス 2.412% 16,298,940円
オリックス 1.975% 15,245,160円
2.075% 15,482,460円

今回、僕の希望していたオリックスでの融資が下りる可能性は半々だと言われてました。(その信憑性は分かりませんけどねw)その中で融資が下りる可能性を高めるために僕が行った行動(アクション)は…

・気合い(?)で年収を上げる
⇒420万円⇒440万円
・頭金を追加する
⇒絞り絞って50万円を追加
・保有資産を証明する
⇒投資信託(評価額150万円分)の証明書(コピー)を提出

投資信託については解約は避けたかったので証明するだけと言う希望を伝えました。「資産を持っている」事を証明するだけでも融資の条件としては少しプラスになるようです。

その結果、さらに「ここ半年間の預金残高の履歴(コピー)を提出する」っという条件付きでオリックスからの融資が下りました。履歴の提出って…少し怖いですね(笑)。。要するに日頃の金遣いって事なんだろうけど…こんなことまでチェックされるなんて…
融資の可否には物件の属性や金融機関との繋がりが大きく影響するのは当然ですが、個人レベルでも融資を有利に進める方法はいくつかあるようですね。そしてその「微々たる差」が長期での返済では返済総額が大きく変わります。

っとは言うものの、なけなしの資金をはたいて頭金を追加したので当分の間は節約生活です。。。だけど少しでも低金利で融資が受けれて良かったです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
PVアクセスランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. 安川 より:

    不動産投資ローンは最低500万年収ないと難しいですよ。
    500万以下で貸してくれるなら文句言うべきではないです
    不動産投資は年月をかけるのがミソです
    ジャックスで始められるならスタートするべきだと思います。

    もしくは、日本政策金融公庫という手もありますね

    • 西本 豪 より:

      書き込み有難う御座います。

      そうですね。金融機関から融資を受ける場合は年収500万円程は無いと難しいかもしれませんね。
      後は保有資産(貯金)などで自分の返済能力、返済意思を上手く伝え理解してもらう必要がありそうです。

      不動産に関わらず資産運用な可能な限り年月を掛けて長期的に考えられたら良いですね。

      僕はまた利用した事は無いのですが、日本政策金融公庫も上手く活用すれば大きな武器になりそうですね。
      次回の購入時には選択肢の一つとしようと思います。ご意見有難う御座いました。